「飛び込み客」が65%!飲食店訪れるインバウンドの実態調査結果を発表-クックビズ

「飛び込み客」が65%!飲食店訪れるインバウンドの実態調査結果を発表-クックビズ

インバウンドの飲食店利用を調査

クックビズ株式会社は、3月29日、「外国人客の受け入れ実態アンケート調査」の結果を発表しました。

なお、この調査の対象は、全国の飲食店関係者。2018年9月27日~2018年10月10日まで、インターネットによって行われ、115の有効回答数が得られたといいます。

飲食店における外国人客の受け入れ実態アンケート調査

飲食店における外国人客の受け入れ実態アンケート調査

予約のない飛び込みインバウンドが多数

今回の調査で、インバウンドの来店頻度を尋ねたところ、「ほぼ毎日」と回答した飲食店は44%。来店したインバウンドの中では、予約をすることのない「飛び込み客」が65%にのぼり、急な外国人来店の対応が求められることが判明しました。

来店のきっかけについては、知人の紹介やWEBサイトがそれぞれ25%。一方、SNSをきっかけに来店した人も17%にのぼり、SNSによる情報発信や、外国人同士の口コミも集客に影響があることがわかりました。

また、インバウンド向けのサービスを実施している飲食店については、「外国語表記・写真付きのメニュー表を用意」と答えた飲食店は49%。

他にも「(ベジタリアン、ハラルなど)食事制限のあるインバウンド向けのメニューを用意している」「外国の決済方法に対応している」など、全体の約75%の飲食店が、インバウンド向けに何らかのサービスを実施していることも判明しました。

今回の調査で、飲食店関係者の66%が、インバウンドの来店促進に積極的であることがわかりました。一方、インバウンドへの対応については、コミュニケーションに課題を感じている飲食店が55%を占めました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

クックビズ株式会社 プレスリリース
https://cookbiz.co.jp/news/201903292540/

クックビズ総研調べ トレンド&ニュース
https://cookbiz.jp/soken/news/inshokuten_inbound/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。