前年比130.6%で過去最高!山形県、昨年のインバウンド受け入れ実績を発表

前年比130.6%で過去最高!山形県、昨年のインバウンド受け入れ実績を発表

インバウンド受入延人数は前年比130.6%で過去最高

山形県は、5月14日、「2018年外国人旅行者県内受け入れ実績調査」の結果を発表しました。

なお、宿泊者数の対象については、観光庁宿泊旅行統計(速報値)で、従業者数10人以上の宿泊施設が対象。一方、立ち寄り者数については、県インバウンド・国際交流推進課が、27観光地へのアンケート調査結果をもとに算出しています。

2018年外国人旅行者県内受け入れ実績調査

2018年外国人旅行者県内受け入れ実績調査

震災前と比べて大幅アップ

2018年の受け入れ延べ人数は、前年と比べて5万8,290人増の24万8,929人となり、震災前の2010年と比較すると、258.5%、15万2,626人増という結果になりました。

県では、インバウンドの誘客を促進するため、トップセールスをはじめとするプロモーションや、国際チャーター便の就航などに力を注いできました。

インバウンドのなかでも、国際チャーター便の運航や各種プロモーションの成果が最も現れたのは、訪日台湾人観光客。人数ベースでは、前年比127.1%、2万8,999人増の13万6,035人、震災前の2010年との比較では、226.7%、7万6,016人増という結果で、大きく伸長していることが判明しました。

また、近県と連携した広域周遊プロモーションも成果を上げており、訪日中国人観光客及びASEAN、特にタイ、シンガポール、マレーシアからのインバウンドについては高い伸び率となりました。

一方、前年と比較して減少したのは、訪日韓国人観光客。前年比75.5%、4,314人減の1万3,284人にとどまりました。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

山形県 プレスリリース
http://www.pref.yamagata.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。