前年比15.7%増!「国立公園満喫プロジェクト」国立公園利用のインバウンド数が最大に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる


自然保護とインバウンド利用者数増加を同時に実現

環境省は、5月24日、国立公園全34公園についての「2018年国立公園インバウンド利用者動向」を発表しました。

同省では2016年に、「国立公園満喫プロジェクト」をスタート。プロジェクト開始以来、インバウンド利用者数は最大の伸び率を達成しました。

2018年国立公園のインバウンド利用者動向


インバウンドに国立公園は「大変満足」

この調査は、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」及び日本政府観光局JNTO)が公表する「訪日外国人旅行者数」のデータをもとに推計。

2018年の国立公園インバウンド利用者数は、前年比94万人、15.7%増の約694万人となり、全国のインバウンド数の伸び率8.7%増を上回ったことが判明しました。

また、同省は、2018年5月~2019年2月の間、阿寒摩周、十和田八幡平、日光等、8公園及び8公園に準じる支笏洞爺等、3公園を訪問したインバウンド利用者を対象に、満足度・宿泊日数等のアンケート調査を実施。

国立公園滞在における全体の満足度は7段階あり、そのなかで最も高い「大変満足」の割合が48.5%にのぼったうえ、宿泊日数がやや伸びていることもわかりました。

同省は、2020年までに国立公園インバウンド利用者数「1,000万人」を目指しています。今後も引き続き、インバウンド受け入れ環境の整備や、国立公園の魅力を発信することで、環境保全と利用数増加、双方の実現に努める考えです。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

環境省 プレスリリース
https://www.env.go.jp/press/106802.html

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに