妙高市赤倉地区を訪れたインバウンドの動向は?新潟県、アンケート調査結果を発表

上越を冬場に訪れたインバウンドにアンケート

新潟県は、6月24日「妙高市におけるインバウンドの動向調査」の結果を発表しました。

この調査は、今年1月~2月、妙高市赤倉地内内(Myoko Snowsports)にて実施。18カ国のインバウンドから回答が寄せられ、有効回答数は200件にのぼりました。

妙高市におけるインバウンドの動向調査

妙高市におけるインバウンドの動向調査

妙高へまた来たい人は99.5%

今回の調査で、冬場に赤倉を訪れたインバウンド国籍別では、69%がオーストラリア。次いでシンガポールが7%、アメリカ・ドイツが4%と続きました。

入国空港について尋ねたところ、成田空港が77%、羽田空港が17%。空港から妙高までの移動手段は、列車を利用する人が72%にのぼりました。

妙高での滞在日数は、平均6.7日。妙高以外にも東京など、日本には約2~3週間滞在しており、白馬、野沢温泉などの他のスキーエリアを楽しむ人も多いことが分かりました。

妙高を知ったきっかけについては、口コミやWEBサイトが多く、妙高を選んだ決め手は、雪質、パウダースノー、雪の量など、雪に関する内容が多かったことも判明しました。

また、赤倉を訪れたインバウンドは、スキー以外にも関心があり、温泉、食事、日本人との交流、自然景観・景色、日本文化の体験など、様々な回答が得られました。

なお、妙高への再来訪意欲については、99.5%の人が、「また来たい」と回答。県では、これらの調査結果を踏まえ、今後のインバウンド対策につなげていきたいとしています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

新潟県 プレスリリース
http://www.pref.niigata.lg.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。