ブルームストリートが「NAVER」における韓国人の検索動向を独自調査

公開日:2019年06月27日

日本の商品についての検索動向を独自に調査

ブルームストリート株式会社(以下、ブルームストリート)が、「NAVER」で韓国人が日本の商品についてどのような検索をしているか独自調査を実施、その結果を6月25日に発表しています。

同調査では、韓国シェア75.2%のインターネット検索エンジン「NAVER」における、韓国人の検索結果を分析。日本の商品についてどのような検索をしているのかを、同社が「韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産 TOP20」という独自調査レポートとしてまとめました。

「韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産 TOP20」

「韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産 TOP20」

「ラーメン」や「皮膚の赤い斑点」、「招き猫」が1位に

同調査は5月11日から6月10日にかけて行われ、AND検索ワードによる検索結果を検索回数順でランキング化。「日本+レストラン」では、「ラーメン」は1位になり、2位に「たこ焼き」、4位に「牛丼」など、B級グルメが上位を占めました。

また、「日本+化粧品」では、1位が「皮膚の赤い斑点」、2位が「目のくま」になったほか、「馬油クリーム効能」が3位、「日本馬油クリーム」が6位となり、「馬油」商品への関心・人気が高いことも分かっています。

更に「日本+お土産」では、「招き猫」が1位になり、韓国人から人気のお土産であることが分かりました。また、3位に「キッチンのカーテン」や12位に「ミニマリズムのインテリア」、20位に「インテリア セレクトショップ」などがランクインしており、日本のインテリア、そしてインテリアショップへ高い関心があることも明らかになりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ブルームストリート株式会社 プレスリリース
https://www.bloomstreet.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。