沖縄宿泊数前年比86.8%増!東南アジアの訪日トレンド調査

沖縄宿泊数前年比86.8%増!東南アジアの訪日トレンド調査

東南アジアの訪日客を探る

アウンコンサルティング株式会社は6月25日、東南アジアの「訪日トレンド調査」の結果を発表しました。主要観光都市の関心度について、宿泊数や検索数などから分析を行っています。

アウンコンサルティング調べ・訪日トレンド

アウンコンサルティング調べ・訪日トレンド

「大阪府」「京都府」「沖縄県」への関心が

同調査は、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピンの2018年の動向から、東南アジアの訪日トレンドについて調査しています。

シンガポールの沖縄での宿泊数は56,350で前年比86.8%のプラス、検索数は150,400で前年比42.7%のプラスとなっています。検索数の伸びからも、今後訪日客が増加するとみています。

フィリピン、インドネシアは「大阪府」「京都府」「沖縄県」への宿泊数の伸び率は減少しているものの、検索数は高くなっています。フィリピンでは「大阪」への検索数が30.0%、「京都」が39.0%、「沖縄県」33.6%といずれも30%以上の伸びを示しています。

インドネシアでは、昨年の旅行博やJNTOのプロモーションなどをきっかけに検索数が伸びています。

「北海道」への関心度はベトナム、タイ

そのほか、ベトナムの宿泊者数の伸び率は、「北海道」18.2%、「大阪府」16.7%、「沖縄県」16.5%の伸び。タイは「北海道」が17.7%と高数値を示しました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティングのプレスリリース
https://www.globalmarketingchannel.com

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。