3ヵ国語対応!「熱中症予防呼びかけCM」を放映

英語・中国語・韓国語で呼びかけ

熱中症予防声かけプロジェクト事務局は6月27日、環境省と共に熱中症予防啓発CMを制作したと発表しました。このCMは6月16日から10月15日まで、東京空港交通株式会社のリムジンバスの車内モニターで放映します。

なおCMはYouTubeにもアップロードされており、簡単に見ることができます。CMは30秒という短い時間で、イラストと3ヵ国語の短いテキストを用い、熱中症予防を呼びかける内容となっています。

熱中症予防声かけプロジェクト事務局は、2020年に向けて訪日外国人に対しても積極的に熱中症の予防啓発をしていくとしています。

「熱中症予防声かけプロジェクト」

「熱中症予防声かけプロジェクト」

訪日外国人は半数近くが熱中症を知らない

熱中症予防声かけプロジェクト事務局は、2018年6月~7月に国内外の人々を対象に、熱中症に関するアンケートを実施しました。

それによりますと、熱中症の認知度について、日本人は92.2%であったのに対し、訪日外国人は54.0%でした。訪日外国人は半数程度しか熱中症を知らないことが判明したのです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

熱中症予防声かけプロジェクト事務局 プレスリリース
http://www.hitosuzumi.jp/news/detail/1262

熱中症予防啓発CM
https://www.youtube.com/

熱中症予防声かけプロジェクト
http://www.hitosuzumi.jp

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。