ツーリズム産業は世界の10.2%!日本経済に及ぼす影響は5.4%!

公開日:2019年07月02日

国際観光総収入額1兆3,400億米ドル

一般社団法人 日本旅行業協会は7月1日、「数字が語る旅行業2019」を発表しました。レポートによると、2017年の世界の国際観光到着数総数13億2,600万人国際観光の総収入額は1兆3,400億米ドルとなっています。

数字が語る旅行業2019レポート

数字が語る旅行業2019レポート

ツーリズムは世界でも重要な産業

ツーリズム産業に従事する人は世界全体の9.6%、産業別GDPでは7兆6,000億米ドル、世界全体の全産業中10.2%であり重要な産業に位置づけられています。

日本では2016年の国内観光消費が26.4兆円、観光消費がもたらす生産波及効果が53.8兆円、このうちの付加価値効果が26.7兆円、雇用効果は459万人、税収効果は4.7兆円となっています。

ツーリズム産業が日本経済に及ぼす影響は、日本の産出額の5.4%、GDPの5.0%、就業者数の6.9%に相当します。

訪日外客数は3,000万人を突破

2017年の訪日外国人旅行者数は2,869万人で、世界の外国人訪問者数ランキングでは12位。その後堅調に推移し、2018年の訪日客数は3,119万人と3,000万人を突破しています。

2016年の東アジア主要国における海外旅行者数は、中国が1億3,513万人、うち訪日旅行者数は637万人となっています。続く韓国は2,484万人中訪日旅行者が714万人台湾が1,566万人中456万人、香港1,213万人中223万人です。

ほかにもレポートでは、日本の海外旅行者と訪日外国人旅行者との比較、オンライン旅行市場など様々な角度から数値を算出しています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本旅行業協会のプレスリリース
http://www.jata-net.or.jp/data/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。