Sprocketが秋田県のインバウンド促進にWeb接客プラットフォームを導入へ

誘客・満足度向上にWeb接客プラットフォームを導入

株式会社Sprocketは、インバウンド誘客・満足度向上を目的として、秋田県仙北市の一般社団法人田沢湖・角館観光協会のホームページに、統合Web接客プラットフォームを導入すると7月1日に発表しました。

秋田県仙北市では、訪日外国人旅行者の増加に伴い観光などに関する情報発信や受け入れ環境整備の強化などが急務になっています。そこで、株式会社Sprocketが統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」を田沢湖・角館観光協会のホームページに導入し、誘客・満足度向上につなげるほか、サイトへの来訪データの分析及び効果検証をする運びとなりました。

「Sprocket」

「Sprocket」

自動セグメンテーション機能など、最先端機能も搭載

統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」では、購入や資料請求といったコンバージョン率の向上や離脱率の低下につなげるため、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングで「ポップアップ」を表示。

また、“Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)”のPDCAサイクルを効率的に回すための「自動セグメンテーション機能」や行動データから学ぶAI「Autoscoring」など、最先端機能も搭載されています。

(画像は株式会社Sprocket ホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Sprocket プレスリリース
https://www.sprocket.bz/release/20190701

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。