海外旅行平均費用が前年比4.9%の増加!2019年の夏休み旅行動向!

海外旅行平均費用が前年比4.9%の増加!2019年の夏休み旅行動向!

2019年夏休み旅行動向

JTB総合研究所は7月4日、2019年の夏休み旅行動向について調査した結果を発表しています。今年の海外旅行人数の推計は299万人で、過去最高となりました。

2019年の夏休み旅行動向

2019年の夏休み旅行動向

国内旅行が減少するも、消費額は増加

同調査は、アンケートの回答1,030名分と、経済指標、業界動向、航空会社の予約、JTBグループの販売状況などから、夏休みに1日以上旅行に出かける人の動向をまとめています。

それによると、総旅行人数の推計値は7,734万人。そのうち国内旅行が7,435万人で前年より0.2%減少、海外旅行へ出かける人は299万人で、前年より3.5%の増加です。

国内旅行消費額は2兆6,915億円で前年より3.8%増加、海外旅行消費額は6,808億円で前年より9.8%の増加となっています。国内旅行平均費用は、一人当たり36,200円で前年比4.0%増、海外旅行平均費用は227,700円で前年比4.9%の増加です。

アジア圏への旅行が増加傾向

海外旅行人数は299万人で前年より3.5%の増加、出発日のピークは8月10日とされています。

目的地はアジアが最も多く165.9万人。前年より5.0%増加しました。北米州は69.8万人で2.1%増加、欧州は46.1万人で1.1%、大洋州は12.3万人で1.7%の増加です。

アンケートによると、夏休み中の帰省を含めた旅行の意向は38.0%で前年より2.0ポイント低下。意向のない人は62.1%で2.1ポイント増加しました。これには年収やボーナスの減少、旅行商品の高騰、インバウンドを含めた混雑の回避などが挙げられています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB総合研究所のプレスリリース
https://www.tourism.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。