「Japan C.R.C.」が世界25か国から利用され、更なるサービス強化へ

公開日:2019年08月05日

8月からWebサイトを多言語化 利用者の急増に対応へ

「Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)」が、世界25か国から利用され、更なるサービス強化をしていくと、運営会社のキャンピングカー株式会社が7月31日に発表しました。

同社は、2018年1月から2019年7月にかけて、「Japan C.R.C.」の利用者が世界25か国に上ったことや、継続的な需要の高まりを見込み、8月からWebサイトの多言語化などをしていきます。

「Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)」

「Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)」

訪日外国人観光客の利用者数が前年比約175%以上に

「Japan C.R.C.」では「成田空港C.R.C.」や「新千歳空港C.R.C.」、「大阪C.R.C.」などを含め、訪日外国人観光客による利用者数が、前年比約175%以上になっており、平均利用日数も、日本人の利用者比で長期になることが分かっています。

同社は今後、9月の「ラグビーワールドカップ」や、2020年の「東京オリンピック」などの開催も迫っていることから、更に多くの訪日外国人観光客に利用してもらえるよう、サービス展開を進めていく方針です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

キャンピングカー株式会社 プレスリリース
https://camping-car.co.jp/info49/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。