インドネシアではハラル化粧品、タイはアンチエイジング需要高まる:東南アジアにおける化粧品市場を調査【TPCマーケティングリサーチ】

公開日:2019年10月08日

東南アジア6か国を対象に化粧品市場調査を実施

TPCマーケティングリサーチ株式会社(以下、TPCマーケティングリサーチ)が、東南アジア6か国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)を対象に、化粧品市場調査「2019年 東南アジアの化粧品市場」を実施し、その結果を「2019年 東南アジアの化粧品市場」調査レポートとして10月4日に発表しました。

2018年度の東南アジア6か国の化粧品市場は、前年度比で5.4%増と好調に推移しており、特に美白ケアや日焼け止めに関する商品への需要が高まっています。

おしゃれ意識の拡大などにより、化粧品市場は過去10年間で1.9倍にも拡大しており、化粧品の大きな消費圏として日系企業や欧米企業などの参入も進んでいます。

「2019年 東南アジアの化粧品市場」

「2019年 東南アジアの化粧品市場」

インドネシアではハラル化粧品も 外資企業の市場拡大も

国別では、インドネシアでハラル化粧品への需要が高まっていることもあり、前年度比で売上高が5.8%増。

シンガポールではL’OrealやEstee Lauder、資生堂などといった外資企業の化粧品への人気が高まっており、前年度比で売上高が5.9%増、市場拡大にも寄与しています。

ベトナムでは化粧品ユーザーの増加もあり、前年度比で売上高が7.9%増。タイでは高齢者の増加に伴って、アンチエイジング化粧品への需要が高まり、前年度比で売上高が4.0%の増加となりました。

(画像はTPCマーケティングリサーチ ホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

TPCマーケティングリサーチ プレスリリース
https://tpc-cop.co.jp/news/14577/

TPCマーケティングリサーチのプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000202816/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。