注目は台東区、オリンピックを迎える東京で宿泊施設の開業ラッシュ【23区内宿泊施設の供給動向】

マーキュリーの宿泊物件調査

株式会社マーキュリーは9月30日、「東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向」を発表しました。東京オリンピック開催に向け、都内ではホテルの開業ラッシュを迎えていると報告しています。

東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向

東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向

宿泊施設が多いのは台東区

同社は、都内の宿泊施設の供給と、2018年と2019年の比較、2020年竣工予定の物件についてなどまとめています。

2018年の宿泊施設の総物件数は148棟、2019年には28物件増加し175棟となっています。

最も物件数が多いのは台東区で2年連続。台東区観光統計によると、2018年度は5,583万人が訪れており、世界的に有名な浅草を始め、上野、谷中などの観光地を擁し、今後もインバウンドの増加が見込まれる区域です。

一方で、合計延床面積は23区内で5番目の広さとなっており、小規模ホテルが多いことを明らかにしています。

大田区は羽田空港跡地で大開発が進行

また調査では、2020年に竣工が予定されている物件をリスト化しています。

物件数が最も多いのは台東区で31棟ですが、合計延床面積が最も増加したのは港区。2018年は20万平米以下でしたが、2019年は50万平米近くに増加します。合計延床面積が大きいのも港区となっています。

合計敷地面積では大田区で1000万平米を超えています。羽田空港跡地第2ゾーンの開発で、大田区全体の99%を占める大規模なプロジェクトです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

マーキュリーのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000097.000018769.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。