【世界で最も魅力的な大都市ランキング】1位は「東京」4年連続の快挙!京都・大阪もランクイン:米国旅行雑誌コンデ・ナスト・トラベラーが選出

公開日:2019年10月10日

世界で最も魅力的な大都市トップ10

日本政府観光局(JNTO)は、米国旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が10月7日に発表した魅力的な大都市ランキングにおいて、東京が4年連続1位を獲得したと発表。東京・京都・大阪の3都市がトップ5に入っています。

TOP 10 LARGE CITIES in the WORLD

TOP 10 LARGE CITIES in the WORLD

2位「京都」、「大阪」も5位ランクイン!

同誌では、「世界で最も魅力的な大都市のランキング(TOP 10 LARGE CITIES in the WORLD)」を毎年発表しており、「東京」が4年連続の1位になったと報告しています。

東京は現代と伝統の共存した魅力が評価されており、観光プロモーション、民間連携による都内旅行者の受け入れ整備などに取り組んだ成果が反映されたものと考察しています。

2位は「京都」で2年連続、「大阪」は5位で昨年第12位からのトップ10入りとなりました。「京都」は古い歴史と新たな文化の魅力、「大阪」は独自の文化や食の魅力などが評価されています。

米国が選ぶトップ10

トップ10を見ていくと、3位は「シンガポール」、4位は「ウィーン」、6位「コペンハーゲン」、7位「アムステルダム」、8位「バルセロナ」、9位「台北」、10位は「シドニー」という結果でした。

2018年の訪日米国人は152.6万人で、前年比11.0%の増加。今年2019年1月から8月までの累計は114.9万人、前年比12.3%のプラスと堅調に増加しています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。