【最新情報・防災知識まとめ】台風19号が今週末、関東・東海へ…気を付けるべきことは?

気象庁は9日、台風19号の見通しに関する異例の緊急会見を行いました。

今週末には3連休が控えており、ラグビーワールドカップの試合はじめさまざまなイベントや交通機関への懸念があることをその理由として挙げています。

発表によれば、台風19号は非常に強い勢力を保ったまま、12日から13日にかけて、 西日本から東日本に接近または上陸するおそれがあるとしています。連休中に広い範囲で影響が出ることは避けられないでしょう。SNS含め様々な媒体で、防災の呼びかけが行われています。


台風19号、進路は?

気象庁の発表によると、大型で猛烈な台風19号は、10日3時には 硫黄島の南南西にあって、1時間におよそ10キロの速さで北へ進行中です。

今後、台風は日本の南を北北西に進み、次第に進路を北東に変えて、 非常に強い勢力を保ったまま、12日から13日にかけて西日本から東日本に接近します。日本列島に上陸するおそれもあると予測されており、外出できない状況や停電に備えて食料品やモバイルバッテリーの購入が進んでいるそうです。

週明けの14日には千島の東で温帯低気圧に変わると伝えられていますが、3連休は全国的に暴風や警報級の大雨、猛烈なしけとなる可能性が非常に高くなっています。

どの程度の規模?

台風19号の中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は 55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径240キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

風速25メートル以上の暴風域は東日本を覆うサイズ、15メートルの強風域も本州付近を覆うほどの規模。記録的な暴風が吹き、さらに記録的な 大雨をもたらすおそれもあり、最大級の警戒が必要な規模の台風と予想されている。

昨年2018年の大阪台風、先月の千葉県台風を超えるとの情報も

気象庁は、台風がかなり接近する地域では、昨年近畿地方にダメージを与えた台風21号や今年9月に主に関東地方に大きな被害をもたらした台風15号と同程度の暴風被害が発生するおそれがあると注意を促している。

2018年9月、近畿地方を縦断し大阪府を中心に猛威を振るった台風21号は、「今世紀最強」と報道されました。大阪湾では、1961年の第2室戸台風のときに観測した過去の最高潮位の293センチを超える、329センチを記録しています。

関西国際空港などが浸水した。また最大瞬間風速58.1m/Sの強い風が吹き、 タンカーが連絡橋にぶつかって大破。大きな被害が発生した。 

一方、2019年9月に発生した台風15号。関東の各地で猛烈な風が吹き、最大瞬間風速は千葉市で57.5メートル、羽田空港で43.2メートルと、いずれも観測史上1位の記録を更新しています。

千葉などの被災地域では、今だに全面復旧にいたっていない状況です。千葉県では、今回の台風でさらなる被害拡大が懸念されています。

台風19号はこの2つの台風と同程度か、昨年の台風21号の暴風を上回る最大瞬間風速60m/sが予想されています。暴風だけでなく台風や前線の影響で、12日には西日本太平洋側で、 12日から13日頃には東日本と北日本で、警報級の大雨となるおそれも出ているそうです。台風の動向によっては、東日本を中心に総降水量がかなり多くなるでしょう。

官公庁も台風に備え呼びかけ、Twitterが情報インフラに

本日11日午前の菅義偉官房長官の記者会見では、政府により台風対策を講じることが発表されました。

気象庁や内閣府からは、台風による暴風に備えての対策をTwitterで呼びかけています。

鉄道各社は計画運休の検討を発表、空の便も運休

また、首都圏のJRをはじめ、鉄道各社が「計画運休」について検討を発表しています。東海道新幹線は11日朝、12日は終日、東京―名古屋間での運転を取りやめることを発表しました。

新幹線内では、台風で計画運休と予定の変更を検討するよう英語でアナウンスが行われています。

また全日空、日本航空ともに航空便の欠航を決定しています。

ラグビーW杯の試合は?東京では屋外イベントが中止に

ラグビーワールドカップの試合や各地で開催予定だったイベントも中止が決定しています。

自宅をどう守る?何を備えるべき?

台風への備えとして、家の中でできる安全対策のひとつに窓ガラスの補強があります。2019年9月の台風15号では、暴風で飛ばされてきた飛来物が窓ガラスが割れた被害が多く見受けられました。窓ガラスに飛散防止フィルムや段ボールをガムテープで貼り、カーテンやブラインドをおろしておくことがこうした被害を防ぐのに有効です。

また、断水に備えて飲料水のほか、浴槽に水を張るなどして生活用水の確保にも努めるべきでしょう。

同時に、ハザードマップの確認もしましょう。 学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路や、家族との連絡方法などを話し合っておけば安心です。

非常持ち出し品のチェックも欠かせません。乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰などの非常食や飲料水、救急医薬品、常備薬などをリュックサックに入れてすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

停電の際は、懐中電灯やスマートフォンの携帯用の充電器のほか、電池を入れて使用する携帯用ラジオもあると便利です。情報にアクセスするためにはこうしたツールが欠かせません。

現金(小銭も)、預金通帳や印鑑、健康保険証などの身分証明書類の念のため確認しておくとさらに安心です。

まとめ:情報に注意し、万が一に備える

3連休の日本列島を直撃が予測されている台風19号は、大きな被害をもたらした2018年の台風21号、2019年9月の15号と同程度、またはそれ以上の規模と報じられています。進路の予想が外れる可能性はあるものの、 今年最強レベルとの情報が多く、多少の被害が出ることは想像に難くないでしょう。

各地の気象台の発表する早期注意情報や警報・注意報、台風情報など気象情報に留意しながら、食料品や飲料水などの備蓄を確認するなど、早め早めの対策で被害に予防に努めることが必要になってくるでしょう。 


<参照>

https://mainichi.jp/articles/20180905/k00/00m/040/077000c

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!