【アンケート調査】外国人が好む食材・味付けは?大阪・新今宮のYOLO BASE内レストランメニュー開発に活用

アンケートをもとにレストランの新メニューの開発

株式会社YOLO JAPAN(以下、YOLO JAPAN)が、62か国331人の外国人会員を対象に、食材や味付けについてのアンケート調査を実施し、YOLO BASE内レストランで新メニューを開発したと、10月16日に発表しました。

YOLO JAPANは、全従業員のうち98%が外国人で構成されている大阪・新今宮のYOLO BASE内レストランで、開業前に食材や味付けについてのアンケート調査を実施。ピタの味付けに関するアンケート調査で、「照り焼き」が120票を獲得して1位になったことから、メニューに「照り焼きとタマゴのピタサンド」を追加しました。

食材や味付けについてのアンケート調査

食材や味付けについてのアンケート調査

ピタに挿みたい日本の野菜はキノコが1位、トマトが2位

ピタに挿みたい日本の野菜に関するアンケート調査では、キノコが1位で139票、トマトが2位で115票を獲得。YOLO BASE内レストランでは、今後開発するメニューに、それらの野菜の使用を積極的に検討していきます。

また、追加してほしいソフトドリンクとして、抹茶とジンジャーエールが共に最多の19票を獲得。同レストランの利用目的には、遊びや大人数で利用したいとの回答が多く得られました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社YOLO JAPAN プレスリリース
https://www.yolo-japan.co.jp/news-release/5272

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。