【日本の美術館・博物館ランキング2019】初ランクイン&ランクアップが目立つ結果に、1位「ポーラ美術館」など:トリップアドバイザー調査

トリップアドバイザー調査

トリップアドバイザー株式会社は10月10日、日本人に人気の美術館・博物館ランキングを発表。今年は初ランクを果たした施設や、順位を上げた施設が多くあったと評価しています。

美術館・博物館ランキング2019

美術館・博物館ランキング2019

美術館の1位は自然が調和する「ポーラ美術館」

同調査は、「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の美術館・博物館ランキング 2019」で、1年間に寄せられた投稿数や口コミ評価をもとに集計しています。

美術館の1位は神奈川県箱根町の「ポーラ美術館」、昨年8位からのトップです。2位は鹿児島県奄美市の「田中一村記念美術館」で昨年は18位でした。

3位が徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、4位が広島県広島市の「ひろしま美術館」、5位は静岡県熱海市の「MOA美術館」となっています。

13位からトップに!「知覧特攻平和会館」

博物館の1位は昨年13位だった鹿児島県南九州市の「知覧特攻平和会館」、2位は長崎県長崎市の「長崎原爆資料館」、3位は石川県金沢市の「鈴木大拙館(すずきだいせつかん)」で昨年20位から大きく飛躍しました。

4位は青森県五所川原市の「立佞武多の館(たちねぷたのやかた)」、そして5位が福井県勝山市の「福井県立恐竜博物館」となっています。

同リリースでは、世界的に評価の高いコレクションを集めた11位の「大阪市立東洋陶磁美術館」、博物館で15位となった、当時の様子を忠実に再現している北海道の「北海道開拓の村」をピックアップして評価しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

トリップアドバイザー株式会社のプレスリリース
https://tripadvisor.mediaroom.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。