【2019年9月の訪日外客数】ラグビーW杯効果で欧米豪市場の比率アップ!英国では過去最高の伸び率84.4%を記録

JNTO発表・9月の訪日外客数

日本政府観光局(JNTO)は10月16日、2019年9月の訪日外客数を発表。9月は前年同月比5.2%のプラスとなりました。ラグビーWカップ開催が影響していると報告しています。

JNTO・9月の訪日外客数

JNTO・9月の訪日外客数

ラグビーWカップにより欧米豪が増加!

9月の訪日外客数は、227万2,900人で前年同月より5.2%の増加。1月~9月期で見ると、総数は2,441万7,800人で前年同期比4.0%の増加です。

市場別では、中国・台湾・香港の東アジアが全体の68.3%と昨年の73.5%を下回りました。韓国の減少が影響していますが、ほかの地域は好調な伸びを示しています。

東南アジアは昨年9.1%から今年は10.4%、欧米豪が12.7%から15.4%に増加しています。

これはラグビーWカップ開催が影響しており、出場国が含まれる欧米豪の訪日外客数が前年同月より7万7,000人増加したことが挙げられます。英国は、昨年の2万6,904人から今年は4万9,600人となり、伸び率は84.4%と単月で過去最高を記録しました。

結果として、17市場が9月として過去最高となっています。

イベントや気象条件でプラスに

韓国は、昨年の47万9,733人から今年は20万1,200人となり、58.1%のマイナスで減少傾向が続いています。

しかしながら昨年は台風第21号、北海道地震の影響を受けていたことから、全体的には前年同月比を上回る結果となりました。

(画像はPixabayより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。