【JTB総合研究所調べ】2019年8月インバウンド総数が前年同月を下回る:好調の中国&台湾、タイ&ベトナム堅調、韓国は引き続き大幅減少の結果に

インバウンド数は自然災害や情勢で変化

JTB総合研究所は、10月9日、「インバウンド 訪日外国人動向」の最新版を発表しました。

インバウンド 訪日外国人動向

インバウンド 訪日外国人動向

訪日韓国人観光客が大幅減に

JNTOの発表によれば、2018年の国・地域別インバウンド数は、中国が838万34人と、全体の26.9%を、また韓国が753万8,952人と、全体の24.2%を占めました。

2019年1月から8月におけるインバウンド数の累計は、2,214万4,914人。過去4年で、最も多い人数となりました。

しかし、2019年8月、ひと月のインバウンド総数は、台風21号や北海道胆振東部地震の影響を受けた2018年9月以来、11カ月ぶりに前年同月を下回る結果になったことが判明。前年同月比2.2%減の252万100人でした。

国・地域別で2019年8月のインバウンド数をみてみると、欧米豪市場では、全市場で前年同月を上回り、堅調に推移。

中国は、前年同月比16.3%増の100万600人、台湾は、前年同月比6.5%増の42万300人と、8月として過去最高を記録しました。

東南アジア地域では、タイが最も多く、前年同月比4.4%増の4万9,600人。次いでベトナムが、前年同月比27.7%増の4万3,700人となりました。

一方、韓国は、前年同月比48.0%減の30万8,700人と大幅に減少したことが判明。最近の日韓情勢などの影響が考えられますが、この韓国市場の減少が、インバウンド総数全体における前年同月を下回る一因となりました。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB総合研究所 プレスリリース
https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。