【2019年上期&9月】中部国際空港セントレアが3指標で過去最高実績:空港旅客数・航空機発着回数・構内営業売上高、複合商業施設の「FLIGHT OF DREAMS」も好調

公開日:2019年10月28日

中部国際空港の9月と上期の実績を報告

中部国際空港株式会社は、2019年9月と上期(4~9月)の、中部国際空港セントレアの実績を10月23日に発表。空港旅客数、航空機発着回数、構内営業売上高ともに過去最高となったと報告しています。

2019年度上期の中部国際空港の実績

2019年度上期の中部国際空港の実績

旅客数は3,527,517人で過去最高

同空港の9月の航空旅客数は、1,126,807人で前年同月比104%でした。

4~9月期は6,988,265人で前年同期比113%。うち、国内線の旅客数は3,460,748人で110%のプラスです。

国際線の旅客数は、3,527,517人で前年同期比116%。日本人旅客数は1,676,600人で110%、外国人旅客数は1,837,673人で123%と、いずれもプラスとなりました。

上期の航空機発着回数は旅客便・貨物便を含め58,754で前年同期比114%。国内線は33,657で前年同期比106%、国際線は25,097で128%のプラスとなっています。

免税売上と商業施設来場者の増加

上期の構内営業売上高は、219億3,100万で前年同期比112%のプラス、うち免税店は140億7,500万となり、こちらも112%のプラス。過去最高を記録しました。

訪日外国人旅行者の増加に加え、昨年オープンした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」が大きな効果を上げています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

中部国際空港株式会社のプレスリリース
https://www.centrair.jp/corporate/

中部国際空港のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000186.000024522.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。