【エボラブルアジア】2019年9月度取扱高は135.9億万円、訪日旅行事業などを含めた第13期結果を発表

公開日:2019年10月29日

9月度の取扱高は135億9443万1125円に

株式会社エボラブルアジア(以下、エボラブルアジア)が、訪日旅行事業などを含めた第13期2019年9月度取扱高を、10月25日に発表しました。

エボラブルアジアは、アジアを舞台にオンライン旅行事業や訪日旅行事業、ITオフショア開発事業などを展開している会社です。

2019年9月1日から2019年9月31日までの第13期2019年9月度取扱高が、135億9443万1125円となり、前年同月度比110%を達成しました。

第13期2019年9月度取扱高

第13期2019年9月度取扱高

今期累計取扱高は1324億2910万5190円に

エボラブルアジアの今期累計取扱高は1324億2910万5190円に上り、一般顧客向けサービス提供での取扱高は前年同月度比131%となりました。

同社は、2018年5月14日にDeNAトラベルを完全子会社化することを発表し、2018年5月31日には旧DeNAトラベル(現エアトリ)の株式を100%取得しています。これにより、取扱高には2018年6月度から、子会社化したエアトリの数値も加わっています。

(画像は株式会社エボラブルアジア ホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社エボラブルアジア プレスリリース
https://www.evolableasia.com/news/1751?c=&y=&m=

株式会社エボラブルアジアのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000478.000006523.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。