【法務省発表】2019上半期「外国人入国者数」クルーズ船での往復が減少傾向

公開日:2019年10月29日

外国人入国者数は増加の一途

法務省は10月25日、「令和元年上半期における外国人入国者数」を発表しました。

報告によれば、新規外国人入国者数は、前年同期比91万1,173人、約6.5%増の1,498万5,170人でした。なお、同省が公表する「外国人入国者数」とは、日本への入国時に在留資格を受けて上陸を許可された人数、及び特別永住者数を示します。

一方、観光庁による「令和元年上半期における訪日外国人旅行者数」は、1,663万人。この値は、外国人入国者数から在留資格「永住者」「日本人の配偶者等」等を除いたうえ、船舶観光上陸許可数、寄港地上陸許可数及び通過上陸許可数を加えたものとなります。

令和元年上半期における外国人入国者数

令和元年上半期における外国人入国者数

クルーズ船で訪日する外国人は3タイプ

新規外国人入国者数のうち、クルーズ船に乗ってきた外国人が、観光のために日本へ上陸し、乗船してきたクルーズ船に帰船した人数を示す「船舶観光上陸許可数」は、前年同期比25万5,301人、約22.3%減少の88万9,482人。

また、日本を経由して他の国に行く外国人の乗り継ぎ人数を表す「寄港地上陸許可数」は、前年同期比963人、約13.7%減少の6,089人と、ともに減少傾向であることがわかりました。

一方、「通過上陸許可数」は、1つの寄港地で上陸し、陸路で移動しながら観光した後、他の出入国港で同じ船舶に帰船して出港した人数、もしくは、日本を経由して他の国へ行く外国人乗客が、寄港地で上陸し、その周辺の他の出入国港から他の船舶・航空機で出国した人数を示します。

この「通過上陸許可数」は、大幅に増加。前年同期比1,261人、約46.4%増の3,980人でした。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

法務省 プレスリリース
http://www.moj.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。