【観光予報】11月は比較的空いた状況も下旬は「札幌と大阪」混雑:日本観光振興協会

公開日:2019年11月11日

11月下旬の観光予報

公益社団法人 日本観光振興協会は、2019年11月下旬週末の観光予報と、大都市の宿泊に伴う平均購買価格の動向を発表しています。11月下旬の週末は、札幌と大阪で混雑が予想されています。

日本観光振興協会・11月下旬の観光予報

日本観光振興協会・11月下旬の観光予報

全国的に空いている状態

観光予報は、観光庁の宿泊旅行統計調査をもとに、主要観光地の混雑状況をまとめたものです。今回の観光予報は、11月22日(土)~23日(日)です。

11月下旬は札幌、大阪で70%~85%未満と出ています。名古屋、福岡は50%~60%でやや空いている状態、全国的には比較的空いている状態となっています。その中で外国人の割合は、札幌市が5.5%、大阪市は42.6%、名古屋は32.0%となっています。

大都市の宿泊料金動向を分析

宿泊に伴う平均購買価格は、東京23区、大阪、名古屋の動向を分析しています。一人当たりの平均購買価格について、「~1万円」は東京が16.6%、大阪が51.6%、名古屋が48.3%。「1~3万円」は東京で43.3%、大阪で38.7%、名古屋では38.2%です。

年ごとの推移を見ていくと、東京、名古屋の平均購買価格は上昇傾向、一方で大阪は下降する傾向にあります。

東京は、水曜日が高価で日曜日が安価になっています。週の間はビジネス、週末は家族連れによる子供価格が影響していると考えられ、外国人の割合との関係性はないと分析しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本観光振興協会のプレスリリース
http://www.nihon-kankou.or.jp/home/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。