11月は1,892人が搭乗予定「鳥取砂丘コナン空港×台湾」インバウンドチャーター便続々スタート!運航実績&今後の予定

公開日:2019年11月11日

訪日台湾人観光客を鳥取県へ誘客

鳥取県は11月6日、鳥取砂丘コナン空港と台湾を結ぶ連続インバウンドチャーター便の運航状況を発表しました。

台湾(台中)チャーター便は、チャイナエアライン(中華航空)の子会社であるマンダリン航空(華信航空)が、9月4日(水)~11月30日(土)、水曜日及び土曜日の週2便運航。運航便数は26便で、すべてインバウンドチャーターの予定です。

一方、台湾(台北)チャーター便は、エバー航空が10月31日(木)、11月1日(金)、8日(金)、9日(土)、16日(土)、17日(日)に運航。鳥取砂丘コナン空港への就航便数は6便です。

台湾との連続インバウンドチャーター便の運航状況

台湾との連続インバウンドチャーター便の運航状況

チャイナエアラインの連続チャーターが実現

マンダリン航空による台中チャーター便の9月~10月末における搭乗実績は1,358人の83.2%。9月搭乗実績は、708人で86.8%、10月搭乗実績は、650人の79.7%でした。また11月予約者数は65.4%の534人。予約全体では1,892人で、77.3%となりました。

一方、エバー航空による台北チャーター便は10月31日が初便。同便の搭乗者数は144人で搭乗率78.3%でしたが、11月1日の搭乗者数は、168人、搭乗率91.3%にのぼりました。

さらに11月15日(金)よりチャイナエアラインの連続チャーターの運航がスタートします。

県では、さらなる訪日台湾人観光客の来県に期待を寄せています。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。