【観光庁】消費税免税店数は5.2万店・前回比104%:地方部が三大都市圏を上回る伸び率を記録

公開日:2019年11月22日

10月1日までの消費税免税店数

観光庁は、2019年10月1日現在の消費税免税店数をとりまとめ、11月20日に発表しています。全国の免税店数は、52,222店となり、半年間で4.0%増加しました。

観光庁調べ・消費税免税店数

観光庁調べ・消費税免税店数

全国52,222店、地方部の増加が目立つ

4月1日までに行われた前回調査では、全国の免税店数は50,198店、今回10月1日までの半年間で2,024店増加し52,222店となりました。対前回比率は104.0%です。

今回は地方部の増加が拡大しました。東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・京都・兵庫の三大都市圏では32,339店で3.9%の増加。それに対しそのほかの地方部は19,883店で4.4%の増加し、5期ぶりに三大都市圏を上回る伸び率を示しています。

前回調査では三大都市圏の割合は72.5%、地方部が27.5%。今回は三大都市圏が61.9%、地方部が38.1%で約10%増加しました。

中国・四国・沖縄地方などが大きく増加

地方別では、北海道が2,820店で対前回比102.2%、東北地方が1,953店で104.8%、関東地方が22,312店で103.0%、北陸信越地方が1,847店で102.7%、中部地方が4,382店で103.5%。

近畿地方は10,030店で104.9%、中国地方は1,846店で105.1%、四国地方は776店で108.7%、九州地方は5,070店で104.6%、沖縄は1,196店で117.5%となっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000397.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。