鳥取―台湾間のチャーター便の最終搭乗実績を発表:台中とつなぐマンダリン航空は25往復、計2,062人に

公開日:2019年12月09日

過去最大規模のインバウンドチャーター便で続々と来県

鳥取県は、12月3日、鳥取砂丘コナン空港と台湾を結ぶ「連続インバウンドチャーター便」の最終搭乗実績を発表しました。

「鳥取砂丘コナン空港」×「台湾」国際チャーター便

「鳥取砂丘コナン空港」×「台湾」国際チャーター便

満席のインバウンドチャーター便も

連続インバウンドチャーター便は、台中チャーター(マンダリン航空)、台北チャーター(エバー航空)、台北チャーター(中華航空)の3種類。これまでで、最も多いインバウンドチャーター便の就航となりました。

台中チャーター(マンダリン航空)は、令和元年9月4日(水)~11月30日(土)、水曜日及び土曜日の週2便の運航で25往復。9月の搭乗人数は、708人(86.8%)、10月は650人(79.7%)、11月は704人(86.3%)、合計2,062人(84.2%)でした。

また、台北チャーター(エバー航空)は、令和元年10月31日(木)、11月1日(金)、8日(金)、9日(土)、16日(土)、17日(日)に運航。最終搭乗実績は、1,449人(87.5%)にのぼり、全体で9ツアーの観光客が来県。鳥取砂丘コナン空港への就航便数は6往復ありました。

さらに、台北チャーター(中華航空)については、令和元年11月15日(金)、19日(火)、23日(土)、27日(水)、12月1日(日)、5日(木)の6往復で、すべて満席。729人(100%)でした。

なお、これらのインバウンドチャーター便による全体平均搭乗率は87.9%。来県した訪日台湾人観光客数は、計4,240人にのぼりました。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

鳥取県 プレスリリース
http://db.pref.tottori.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。