市場規模は6,200億元を突破「中国ソーシャルコマース業界」調査レポートを発表(ヴァリューズ×iResearch)

公開日:2019年12月13日

急成長を遂げるビジネスモデルの実態は

株式会社ヴァリューズは、12月11日、「中国ソーシャルコマース業界」に関する調査レポートを、日本向けに発表しました。

「ソーシャルコマース」とは、SNSとECを結んだビジネスモデル。流通や集客コストが低いため、今後も市場は伸長すると考えられています。

なお、この調査は、中国最大手のネットデータ調査会社「iResearch社」と協力。主に、2014-2020年中国におけるECサイト市場の取引額、2018年Wechatの利用実態、2019年4月中国人のSNSアプリ利用調査のデータを使用しました。

「中国ソーシャルコマース業界」調査レポート

「中国ソーシャルコマース業界」調査レポート

急成長する「ソーシャルコマース」には課題も

中国における「ソーシャルコマース」は、団購(共同購入)型、会員制購入型、コミュニティ購入型、コンテンツ購入型と、大きく4つのモデルに分けることができます。

団購(共同購入)型、会員制購入型、コミュニティ購入型は、低価格の商品をユーザーに提供する一方、加盟ユーザーへの報酬によって、ユーザー間における宣伝を促します。

コンテンツ購入型にて、ユーザーは、興味のある商品に対するクチコミ等の投稿を閲覧できるため、購買意欲促進につなげることが可能となります。

2018年、中国におけるソーシャルコマースの市場規模は、6,268億5,000万元にのぼり、売上高増加率は255.8%を記録。また、2020年には、2兆673億元になることが見込まれ、急速に成長していることがわかります。

しかし、このビジネスモデルは、簡単にコピーも可能。企業の競争力を高めることは困難だとされています。

従い、何度も購入してくれるリピーター「ファン」を獲得するためには、企業オリジナルの運営モデルや、統合的なサプライチェーンの構築が重要なカギを握ると考えられます。

(画像はプレスリリースより)
(C)VALUES Inc.

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ヴァリューズ プレスリリース
https://drive.google.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。