韓国市場の前年同月比「65.1%減」市場全体を揺さぶる(JTB総合研究所:2019年11月「インバウンド訪日外国人動向」)

公開日:2020年01月16日

韓国市場が訪日外客数全体に大きく影響

JTB総合研究所は、1月10日、「インバウンド 訪日外国人動向」を発表しました。

JNTOの推計によると、2019年1月から11月までの訪日外客数の累計は、2,935万5,720人にのぼりましたが、2019年11月単月の訪日外客数は、2か月連続で前年同月を下回る結果に。前年同月比0.4%減の244万1,300人にとどまったことがわかりました。

考えられる要因の一つには、韓国での日韓情勢による減便や運休による訪日韓国人観光客数の減少が、訪日外客数全体の減少に大きく影響したことが挙げられます。

インバウンド 訪日外国人動向

インバウンド 訪日外国人動向

韓国市場を除いた、他市場では堅調を維持

2019年11月の市場別訪日外客数をみてみると、東アジア市場では、中国は前年同月比21.7%増の75万900人、台湾は前年同月比11.4%増の39万2,100人、香港は前年同月比19.4%増の19万9,700人と、前年同月を上回ったことが判明。

一方で、韓国は前年同月比65.1%減の20万5,000人だったことがわかりました。

また、東南アジア市場では、フィリピンが前年同月比38.0%増の6万4,800人、タイが前年同月比36.3%増の14万300人と、いずれも前年同月比30%以上の増加がみられ、前年同月を上回る結果となりました。

その他、ロシアが前年同月比41.3%増の1万3,100人と大幅にアップ。英国も前年同月比37.5%増の3万7,700人と好調に推移していることが今回の調査で明らかになりました。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB総合研究所 プレスリリース
https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。