2019年訪日米国人市場、観光客数が過去最高に!”暮らすように旅する”・人気3都市・自然や風景が魅力(JTB訪日旅行重点15カ国調査2019)

公開日:2020年03月04日

米国で日本の3都市が大人気

JTBは、2月26日、訪日米国人観光客数が2019年、172万人に達して過去最高を記録した「米国市場」における実態レポートを発表しました。

昨年10月、米国の大手旅行雑誌による「世界で最も魅力的な大都市ランキング」において、東京が4年連続で1位を獲得。京都が2年連続で2位、大阪は5位にランクインし、日本の3都市が初めて同時に、トップ10入りを果たしました。

JTB訪日旅行重点15カ国調査2019

JTB訪日旅行重点15カ国調査2019

米国は「欧米豪」のけん引役

JTB訪日旅行重点15カ国調査によると、訪日米国人観光客の訪日旅行回数は、「1回」が35.0%、「2回」が21.5%。

旅行形態では、「FIT」が54.5%で前回調査より、9ポイントアップし、滞在日数では、「7~13日」が45.8%と最も高く、「14~20日」を合わせると全体の60.0%以上にのぼり、長期滞在が主流となっていることもわかりました。

「訪日を決めた理由(複数回答)」では、「日本の自然や風景が魅力だったから」が64.0%でトップにランクイン。「日本の文化や歴史に関心があったから」が55.5%、「日本の食事が魅力であったから」が52.8%と続きました。

「出発前 訪日旅行に期待したこと(複数回答)」では、「日本ならではの食事を楽しむ」が48.5%、「都市に滞在して楽しむ」が45.5%。

さらに「ショッピングを楽しむ」が36.3%、「日本人の生活を体験する」が36.3%、「日本の田舎体験をする」が36.0%と続き、“暮らすように旅する”を反映する結果となりました。

今年3月には、羽田空港からの輸送力が大幅に拡充されることが決定しています。欧米豪市場にあって突出した存在の米国市場。今後の動向に期待が寄せられています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB プレスリリース
https://www.jtb.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。