成田国際空港、1月として「過去最高」国際線発着回数と旅客数を発表:中国線一部運休も、外国人旅客数の伸び率今年度過去最高に

公開日:2020年03月19日

新型コロナウイルスの影響はわずか

成田国際空港株式会社は、2月27日、「2020年1月 空港運用状況」を発表しました。

2020年1月 空港運用状況

2020年1月 空港運用状況

中国線の一部運休があったものの旅客数は大幅アップ

同社によると、国際線発着回数は、旅客便において、前年同月比5%増の1万8,109回と、1月として過去最高となりました。

考えられる主な要因としては、新型コロナウイルスの流行に伴う中国線の一部運休があったものの、2019年冬期から、中国線における新規就航や増便が相次いだことが挙げられます。

また、国際線旅客数についても、前年同月比7%増の319万6,223人と、1月として初めて300万人を突破。過去最高となりました。

新型コロナウイルスの流行に伴う中国線の一部運休の影響はありましたが、2020年は1月24日~30日が春節の時期となっていました(2019年の春節期間は2月4日~10日)。こうした暦も影響し、外国人旅客数は前年同月比11%増の164万6,027人と、今年度で最も大きい伸び率を記録しました。

そのうえ、日本人旅客数および通過客数においても前年同月を上回ったことが、国際線旅客数増の要因と考えられます。

なお、国内線発着回数、ならびに国内線旅客数についても、1月として過去最高を記録。下地島線、庄内線が新規就航したこと、福岡線、名古屋線、仙台線が増便したことが主な要因となりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

成田国際空港株式会社 プレスリリース
https://www.naa.jp/jp/20200227-unyou.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。