GWは「命をまもる STAY HOME週間」でおうちで楽しく過ごそう:今の行動が未来へつながる

公開日:2020年04月24日

小池東京都知事は4月23日午後4時半ごろ、記者会見を開き引き続き緊張感を持った外出自粛を行うよう求めました。

さらにGW中は「命を守る STAY HOME週間」とし、帰省や旅行などで東京都から他県への移動をしないように強く呼びかけました。

この記事では記者会見の内容についてご紹介します。

緊急事態宣言後も続くスーパーの混雑

小池東京都知事は23日の記者会見で、緊急事態宣言が発令されてから不要不急の外出を控えている都民や休業などに協力している事業者へ感謝の意を述べました。

しかし、食料品や日用品の買い出しで利用するスーパーなどで人の密集が相次いで起こっており、スーパーなどの店舗からクラスター感染が起こる危険性が高まっています。

そこで小池東京都知事は都民に対し、買い物へ行く頻度を3日に1回程度にするよう協力を呼びかけました。また買い物はできる限り短時間で行い、家族で買い物をするのではなく世帯の代表者だけで買い物をするように訴えました。

さらに、業界団体と協力し、高齢者、障がい者、妊婦らだけが入店できる時間帯の設定や店頭の買い物カゴ削減による入店制限を行うことを検討していると述べました。

GWは「STAY HOME週間」

小池東京都知事は、4月25日から大型連休を含む5月6日までの12日間を「命を守る STAY HOME週間」とし、都民の更なる外出自粛を強く要請し、企業に向けては、この12日間を連続休暇として出勤の抑制を求めました。

外出抑制をはかるため以下の3点を積極的に行うということです。

  1. 在宅を進めるために、企業・都民への呼びかけや取り組みの強化
  2. 外出を抑制するため、在宅で楽しめる仕掛け作り
  3. 首都圏で連携・協力した広報

家で過ごすためのコンテンツ配信

今月25日からの12日間を「STAY HOME週間」として徹底した外出抑制を図ると都知事は述べましたが、それと同時に、家でも楽しく過ごせるよう、動画コンテンツの配信、学びや運動を支援するサイトの開設を発表しました。

▲[オーケストラから日常の豆知識など様々なジャンルの動画が用意されている]:東京動画
▲[オーケストラから日常の豆知識など様々なジャンルの動画が用意されている]:東京動画

感染拡大阻止に貢献する、一人ひとりの行動選択

外出自粛や在宅での勤務等、これまでの生活習慣を大きく変えざるを得ず、疲労感を感じる人もいるようです。こうした気分を脱するための外出が多発すれば、感染拡大のリスクも高まってしまいます。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるには、不要不急の外出自粛、手洗いうがいの徹底、3密を避けることが有効です。

先行きが不透明で不安を感じる場面も少なくない現状ですが、一人ひとりの行動が収束に貢献することを意識して行動を選択することが重要です。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!