建設から125年超える道後温泉、保存修理工程を「火の鳥」とコラボして話題に:観光庁・文化庁からも表彰

道後REBORNプロジェクトが「文化ツーリズム賞」を受賞

株式会社ポニーキャニオンは、愛媛県松山市と実施している「道後REBORNプロジェクト」が、「スポーツ文化ツーリズムアワード2020」の文化ツーリズム賞を獲得したと2月10日に発表しました。

「スポーツ文化ツーリズムアワード2020」とは、スポーツ庁、文化庁及び観光庁が今後の観光の活性化を図るため、先進的な取組や今後のスポーツ文化ツーリズムの実現を目指す取組から優秀な取組を選定・表彰するものです。

保存修理自体をコンテンツへ転換させたコンセプトの秀逸さなどが評価され、受賞に至りました。

道後REBORNプロジェクト

道後REBORNプロジェクト

建設から125年の道後温泉、保存修理自体を観光資源に

「道後REBORNプロジェクト」とは、明治27年に建設され、文化財でありながら125年を経た現在でも営業している松山市のシンボル「道後温泉本館」の保存修理工事に当たり行われるプロジェクトです。

手塚治虫の「火の鳥」とコラボレーションして工事現場をラッピングし、「再生の物語」として演出、工事見学会、オリジナルアニメーションによる情報発信を行っています。

新たな観光資源の創出を図り、これが「スポーツ文化ツーリズムアワード2020」において文化ツーリズム賞を獲得しました。

斬新なアイデアと情報発信で評価

同アワードは、スポーツ庁、文化庁、および観光庁がスポーツや文化芸術の融合による国内外の旅行者の増加、観光活性化を推進する取り組みです。

バックヤードツアーとして修理工事自体を限定企画に変えている斬新なアイデア、またピンチをチャンスに変えるというメッセージが、コロナ禍にふさわしいと評価されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ポニーキャニオンのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000842.000031071.html

「道後REBORNプロジェクト」公式サイト
https://www.dogoreborn.info/

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。