コロナ禍で旅行の「計画倒れ」経験7割、それでも「昨年より旅行意欲増加」8割近く

世界各地の旅先体験を予約できるプラットフォーム、KLOOKが、コロナ禍における旅行実態を調査しました。

同調査では、感染症拡大以降に旅行を計画したものの計画を断念した経験がある人の数が約7割だとわかっています。

一方、昨年よりも旅行意欲が高まった人の数は約8割という結果になりました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

KLOOKが旅行計画の実態を調査、「ストレス」「断念」の一方で旅行意欲の高まりも

KLOOKは、2021年3月、コロナ禍における旅行計画の実態についてインターネット調査を実施しました。

調査対象は、20代〜60代で新型コロナウイルス感染症拡大以降に旅行(レジャー)の計画をした経験のある人109名です。

コロナ長期化によって、生活、旅行計画などの面においてストレスを抱え、さらに旅行計画も断念する人が多い中、およそ8割の人は旅行意欲が昨年より高まっていることがわかりました。

コロナ禍で昨年より生活にストレスを抱える人約7割、「旅行計画疲れ」は半数

初めに、「新型コロナの影響長期化や2度目の緊急事態宣言により、昨年よりもストレスが増加しているか」という質問に対して、68.8%の人が少なからずストレス増加を感じていることがわかりました。内訳は「非常に感じる」が27.5%、「少し感じる」が41.3%となっています。

「昨年よりもストレスが増加しているか」という質問に対する回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより

また、コロナ禍において、80.7%の人が旅行やレジャーの計画をするにあたって、インターネットで事前に旅行先や施設の情報収集をしたことがわかっています。

そんな中、「計画にあたって事前の情報収集による『計画疲れ』を感じましたか。」という質問には、「非常に感じた」が14.9%、「少し感じた」が35.2%という回答となりました。合わせて50.1%の人が計画疲れを感じたという結果です。

「コロナ禍におけるレジャーの計画段階において『計画疲れ』を感じたか」という質問に対する回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより

計画疲れを感じる理由としては、「お店や施設の営業状況や営業時間について事前リサーチが必要」が68.2%と最も多いものでした。次いで、59.1%の「コロナ禍でも楽しめるような場所やプランがなかなか見つからない」となっています。
「事前の情報収集における『計画疲れ』を感じる理由」についての回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより

7割が「コロナ拡大のため」旅行計画断念も8割は昨年より旅行意欲増加

新型コロナウイルス感染症が拡大して以降、旅行計画が「計画倒れした」と回答した人は全体で66.1%となり、その理由としては「新型コロナウイルス感染拡大のため」が最も多い70.8%でした。

「新型コロナ以降から現在にかけて、『計画倒れ』を経験したことはありますか。」という質問に対する回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより
「旅行やレジャーが『計画倒れ』した理由」についての回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより

しかしながら、一方では、79.8%の人が「昨年よりも旅行したい気持ちが高まっている」と回答しています。「非常に感じる」と答えた人は35.8%で、「少し感じる」と答えた人は44.0%でした。
「昨年より旅行やレジャーに行きたいという気持ちは強まっていると感じますか。」という質問に対する回答内訳グラフ
▲KLOOKの調査結果:プレスリリースより


<参考>

KLOOK:コロナ禍における旅行計画の実態調査(プレスリリース

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!