米、5月連休の旅行者3700万人に到達か ワクチン普及が後押し

アメリカの自動車協会「American Automobile Association」(以下:AAA)の旅行部門によると、2021年5月31日のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の連休で、旅行者数が2020年比で60%増加すると予想されています。

ワクチン接種が急速に普及するアメリカで、国内旅行が順調に回復すると見られています。

関連記事
アメリカ、ワクチン接種者は「マスク不要」

5月の連休の旅行者数前年比60%増加、ワクチン接種が鍵か

5月11日、AAAは、31日のメモリアルデーを含む連休の旅行者は3,700万人以上となり、前年比で60%増加するとの見通しを発表しました。2021年の連休は、5月27日から5月31日までとなっています。

2020年は、コロナ禍によって旅行者数が過去最低の2,300万人となり大幅に落ち込みましたが、2021年はワクチン接種の普及によって国内旅行が再開していくとの事です。

自動車による旅行で混雑予想も、ワクチンの普及で旅行再開の兆し

AAAの予測では、2021年のメモリアルデーの連休旅行者は前年比60%増の3,700万人以上になるとされています。なお、2019年の4,200万人と比較すると、570万人(13.3%)の減少と未だ落ち込みを見せている状態です。

内訳としては、車での移動者数が3,440万人、飛行機での移動者数が250万人、その他の電車、バス、クルーズ含む交通手段による移動者数が23万7,000人となっています。飛行機による移動者数は、前年比57,7%と約6倍にまで上る見込みです。

なお、総旅行者数は2020年の2,300万人から1,400万人増加していますが、2019年の4,200万人と比較すると570万人(13.3%)減少していることがわかります。

各都市で自動車移動の増加による交通渋滞が起こるとの見解が示されており、5月27日の木曜日、または28日の金曜日が最も混雑する日だとされています。

アメリカでは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでおり、米国疾病予防管理センター(CDC)は、5月13日、ワクチン接種が完了した者は原則としてマスク着用義務が無くなるとの見解を示しました。バイデン大統領も同様の指針を示しています。

ワクチン接種が今後の国内、海外旅行再開の重要な要素となるのは間違いないでしょう。

関連記事
アメリカ、ワクチン接種者は「マスク不要」

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

JETRO:米国の旅行需要回復へ、5月末連休の旅行者6割増を見込む

JETRO:米CDC、新型コロナワクチン接種完了者のマスク着用義務を原則解除

American Automobile Association:Memorial Day Holiday Travel to Rebound to More Than 37 Million

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!