2021年GW、旅行業者の8割が利用実績70%減 観光庁がGoToトラベル事業参加事業者に調査

2021年5月には、2度目の「コロナ下でのゴールデンウィーク」を迎えました。観光庁は、一時停止している「GoToトラベル」の参加事業者を対象に、同期間の観光業への影響を調査し、結果を取りまとめました。

連休期間中の利用実績について、旅行業者の8割が「コロナ前と比べて70%以上減少した」と答えていることがわかりました。

GoToトラベル参加事業者に2021年のGWの実績を調査

観光庁は、GoToトラベル事業の参加事業者を対象に、2021年のゴールデンウィーク期間の実績等について調査を行い、その結果を公表しました。

調査対象となったのは合計で34,654事業者で、回答が得られたのは宿泊事業者から4,963事業者、旅行事業者から3,103事業者となりました。

「2019年比70%減」宿泊業者は3割、旅行業者は8割

5月28日に公表された資料では、2021年のゴールデンウィーク期間(5月1日から5月5日)の利用実績が、「コロナ前」の2019年と比較される形でまとめられています。

まず、回答を寄せた全宿泊事業者のうち、「利用実績が対2019年比で70%以上減少した」と回答した事業者は30%以上となりました。特に、緊急事態宣言の対象となった地域では、35.3%の事業者が「対2019年比で90%以上減少した」と答えており、他の地域と比較すると影響が顕著に表れています。

次に、旅行業者については、約80%の事業者が2019年比で利用実績に70%以上の減少があったことがわかっています。地域別に見ると、緊急事態宣言の対象地域とまん延防止等重点措置地域の両方で、利用実績に90%以上の減少があったと答えた旅行業者が70%近くに上っていることが示されています。

ゴールデンウィークの利用実績(2019年比)についての調査結果
▲ゴールデンウィークの利用実績(2019年比)についての調査結果:観光庁報道発表資料より引用

引用元:観光庁報道発表資料


地域別の利用実績についての調査結果
▲地域別の利用実績についての調査結果:観光庁報道発表資料より引用

引用元:観光庁報道発表資料

<参照>

観光庁Go To トラベル事業参加事業者に対するウェブアンケート調査について【追加】

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!