韓国、7月にも海外団体旅行解禁へ ワクチン接種者対象で隔離も免除

韓国は、7月にも団体旅行を解禁する姿勢であるとのことです。聯合ニュースが6月9日に報じました。

新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した人を対象に、「隔離なし」の海外団体旅行が可能になります。なお、韓国政府は、旅行会社を通じた場合のみ団体旅行が許可されるとしています。

対象国は明確になっていませんが、韓国政府は各国の感染状況を鑑みて検討するとしています。

韓国の団体旅行が7月にも解禁

韓国政府が、7月にも海外への団体旅行を許可する姿勢を見せています。

国内のワクチン接種者が対象となり、旅行客は隔離措置もない状態で観光目的の渡航が可能になるということです。

ワクチン接種者対象に「隔離なし」の海外団体旅行を許可

聯合ニュースが6月9日に報じたところによると、韓国は、早ければ7月にも海外への団体旅行を許可する方針であることがわかりました。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が完了している人を対象として、感染状況が安定している国から旅行が再開されるということです。

まずは旅行会社を通じての団体旅行のみ許可され、解禁された暁には、旅行客は隔離措置免除で海外旅行を楽しめます。なお、体温測定などの感染症対策は引き続き徹底するということです。

対象国は6月9日時点では明らかにされていませんが、時事通信は、シンガポール、台湾、タイ、米領グアム、サイパンなどを想定していると報じています。

日本では現在も厳しい水際対策が敷かれていますが、ワクチン普及など、今後の状況次第では、両国間で観光客の往来について協議されていくかもしれません。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
聯合ニュース:ワクチン接種者 7月にも海外団体旅行可能=韓国首相
JIJI.COM:韓国、隔離免除の団体旅行解禁へ ワクチン接種者、来月にも―新型コロナ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!