「観光」「マスクなし」を同時に解禁か スイスが外国人観光客受け入れへ、ワクチン接種条件に6月28日から

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が拡大するとともに、ヨーロッパ各国では入国制限の緩和や解除が進んでいます。

スイス政府は、6月28日以降、海外各国からの入国に対する制限を廃止する方針であると表明しました。また、国内でのマスク着用義務を解除する考えも示しています。

これが決定されれば、ワクチン接種が完了している、または検査の陰性証明を保持しているなどの条件のもと、海外からのシェンゲン圏外からの観光目的の入国が可能になります。

スイス政府、国内外の制限を緩和、解除へ

スイス政府は、6月11日、海外からの入国に際して現在設けている制限を解除する方針であると明らかにしました。国内での生活に関する制限も緩和していく姿勢で、23日の協議を経て正式に決定するとしています。

海外観光客の受け入れ再開、国内のマスク着用義務緩和などを検討

スイスは、現在シェンゲン加盟国以外の海外からの入国に制限を課しており、入国時の検疫を義務付けています。

しかしながら、政府は、6月28日以降この制限を解除することを検討していると6月11日に発表しました。新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いていることやワクチン接種が順調に進んでいることなどを考慮した結果としており、観光目的の入国を許可するとのことです。

シェンゲン圏外から入国する場合には、観光客は証明書を利用して、ワクチン接種が完了していること、感染症から回復したこと、検査結果が陰性であることのいずれかを示す必要があります。

なお、スイスが変異株の感染リスクが高いと指定している国からの入国者に対しては引き続き検疫を求めるということです。6月16日現在スイス政府が変異株のリスクが高いと指定している国は以下の通りです。

  • ブラジル
  • インド
  • カナダ
  • ネパール
  • 南アフリカ
  • イギリス

また、スイス政府は同日、感染症拡大予防のために現在国内で設けている制限も緩和していく方針を示しています。職場や屋外でのマスク着用義務の解除、イベントや飲食店の収容可能人数の制限緩和などを検討しているとのことです。

スイス政府は、これらすべてについての決定は6月23日の協議を経て下されると明らかにしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
スイス連邦参事会:Coronavirus : le Conseil fédéral veut faciliter l’entrée en Suisse à partir du 28 juin
スイス連邦参事会:Coronavirus: Federal Council launches consultation on fifth round of reopening steps

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!