観光庁「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」12の採択事業を発表

観光庁は、2021年3月に公募した「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」について、12の採択事業を発表しました。

アドベンチャーツーリズムは、ウィズ・コロナ時代に密集を回避した旅行形態への変化が求められる中で、国内外の観光客の消費額増加や満足度向上に繋がるとして期待されています。

地域資源を観光コンテンツとして活用し、日本の本質を深く体感できる点が魅力とされています。

インバウンド誘致に向けた地域の魅力向上と観光資源の磨き上げを実施

今回採択事業が決定した事業は、インバウンド層の誘致に向けた取組です。観光庁、専門家、地域の関係者が連携して自然、文化等の地域資源を活用した観光資源の発掘や磨き上げを行い、継続性が高く有用な観光コンテンツへ発展させるとしています。

観光庁が12の採択事業発表、コロナ後の観光トレンドを踏襲

観光庁では、自然、文化などの日本の地域資源を観光コンテンツとして活用し、日本の本質を味わうことのできるアドベンチャーツーリズムを推進しています。国内外の観光客の消費拡大や満足度向上を実現できるとし、ウィズ/アフターコロナの観光で注目しています。

2021年3月31日には「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」の事業者の公募を始めており、その採択事業者が6月24日に発表されました。

採択事業は以下の通りです。

「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」採択事業一覧
▲「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」採択事業一覧:観光庁報道発表資料より

引用元:観光庁報道発表

今後の観光で重視される「滞在型」の観光事業が見られるほか、各土地の特産物や名所を打ち出して「その地域でしか楽しめない」とするような事業も採択されています。

また、自転車で楽しむ「サイクルツーリズム」の事業が茨城県と京都府を実施主体に採択されました。

サイクルツーリズムに関しては、先日Tripadvisorが発表した「2021 トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ」のサイクリングツアー部門で日本から2つのコンテンツがランクインしています。

同ランキングからも日本のサイクルツーリズムには注目や人気が高いことがうかがえます。今回の事業採択も相まって、今後のさらなる発展が期待されるのではないでしょうか。

観光庁は、今後、専門家による事業内容などに関する改善指導等を通して、アドベンチャーツーリズムをはじめとして、国内外の観光客の消費額増加や満足度向上に繋がる観光資源を発掘し、磨き上げていくとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁「アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」における採択事業の公表

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!