イギリス、海外旅行の制限をさらに緩和へ ワクチン接種完了者の海外渡航を解禁

イギリスが、新型コロナワクチンの接種を完了した人を対象として、海外渡航への制限をさらに緩和する方向でいることがわかりました。

現在イギリスでは、感染リスクから渡航可能国を判断する「green list」に基づいて渡航や帰国時の検疫などの対応を定めています。そんな中、ワクチン接種の進展を踏まえ、渡航に関する新たな政策を展開していく計画を進めているということです。

コロナ禍で大きく打撃を受けている観光業界への支援につなげたい考えで、計画の詳細は7月に公表されるとのことです。

イギリスが海外渡航制限をさらに緩和か、ワクチン接種の進展受け

一部条件付きで海外旅行を許可、再開しているイギリスですが、今後さらに制限を緩和する方針でいることが25日に分かりました。

運輸省大臣はワクチン接種の成功を踏まえた結果だとしており、イギリス帰国時の隔離を免除する国をさらに増やす計画が示されています。

「帰国時の隔離免除」対象国をさらに拡大か 日本も対象国に

イギリスでは、現在限定的に海外旅行を再開しています。感染状況などから各国を色分けする「green list」を設け、最も安全とされる「緑」に入っている国へは観光目的の渡航を許可するとともに、帰国時の隔離を免除するという仕組みをとっています。

リストは、感染リスクが高い順に「赤・黄(琥珀色)・緑」に分けられており、現行のシステムでは「黄(琥珀色)」「赤」の国々へは旅行できず、帰国時には隔離を義務付けています。

そうした中、イギリス運輸省のシャップス大臣は、ワクチン接種の進展が好調なことから「黄(琥珀色)」の国に対する措置を緩和させる意向を示しました。

大臣は、Twitterで「ワクチン接種の成功から、夏の終わりには接種が完了した英国の居住者に対して、黄色のリストの国からの帰国時の隔離を求めない意向である」との旨を述べています。詳細については7月に発表するということです。

イギリスの旅行制限緩和に関する投稿
▲イギリスの旅行制限緩和に関する投稿:グラント・シャップス運輸大臣のTwitterより編集部スクリーンショット

Twitterグラント・シャップス運輸大臣のイギリスの旅行制限緩和に関する投稿

日本は6月25日現在、「黄(琥珀色)」のリストに組み込まれています。リストは随時更新されますが、現時点では今回の制限緩和の対象国となります。

Our World in Dataによると、6月25日現在イギリスのワクチン接種が完了している人は人口の47.26%となっています。

関連記事
イギリスが海外旅行を解禁、基準の「green list」とは

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
ロイター通信:英、ワクチン接種完了者の海外渡航解禁へ7月に計画公表
AP通信:UK plans to ease quarantine rules for travel to US, EU
Our World in Data:Coronavirus (COVID-19) Vaccinations

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!