世界経済は2年で最大4兆ドルを損失 コロナ禍による観光業への打撃から 公平なワクチン接種の進展に望み

新型コロナウイルス感染症の影響で世界の観光業は深刻な打撃を受けています。観光業の衰退は世界経済にも影響しており、2020年から2021年にかけての2年間で、世界のGDPに約4兆ドル(約440兆円)以上の損失をもたらす可能性があるということです。

新型コロナワクチンが開発され、接種が進んでいる先進国では観光回復が見込まれていますが、発展途上国については、ワクチンが行き渡っていないことが回復への障壁となるとされています。

世界全体で、ワクチン普及の公平性が求められます。

パンデミックによる観光業低迷とGDPへの打撃を予想

2021年6月30日、国際連合貿易開発会議(UNCTAD)と国連世界観光機関(UNWTO)は共同でレポートを発表しました。パンデミックによる観光業の低迷が世界経済に与える打撃と、今後の回復見込みについて示しています。

報告書では、2020年には推定2.4兆ドル(266兆円)の損失があったことを述べ、そして、最悪の場合は2021年も同様の損失が予想されていることも明らかになりました。その場合、世界の経済損失額は2年間で約4兆ドル(440億円)に上ります。

2021年の世界経済への影響と損失を予想、最悪の場合は前年と同等に

報告書では、新型コロナウイルス感染症の影響が観光業の低迷を通じて世界経済に与える打撃について、2021年の予測を3つのシナリオで予測されています。

損失額は最小で約1.7兆ドル(187兆円)、最大で約2.4兆ドル(266兆円)になるということです。

1つ目は最も悲観的な予測で、国際的な観光客の到着が2019年から75%減少した場合のシナリオです。このシナリオでは、約9,340億ドル(103兆7000億円)の観光収入の減少が生じるとされており、実質GDPは2.4兆ドル減少すると述べられています。

2つ目のシナリオは、国際観光客到着数が2019年比65%減の場合の予想です。ここで予想される観光収入の減少額は約6,950億ドル(77兆2,000億円)で、GDP減少額は約1.7兆ドル(187兆円)になるとのことです。

3つ目は、2021年の国内および地域の観光のさまざまな割合を考慮してシナリオが立てられました。

新型コロナワクチンの接種率が低い国では観光客が75%減少し、接種率が比較的高い国では37%減少すると想定されています。この場合のGDPの損失額は1.8兆ドル(約198兆円)と予想されています。

なお、パンデミックによる被害額については、いずれのシナリオにおいても発展途上国が先進国よりも大きくなると示されています。

観光業の衰退によって2021年に世界のGDPが打撃を受ける3つのシナリオ
▲観光業の衰退によって2021年に世界のGDPが打撃を受ける3つのシナリオ:UNWTOプレスリリースより

引用元:UNWTOプレスリリース

国別GDP損失額を予想、推定損失最大はトルコ

報告書では、前述の各シナリオに基づいた、国や地域別のGDPの損失額についても推測が示されています。

観光業の減少による地域別のGDPの推定損失(%)
▲観光業の減少による地域別のGDPの推定損失(%):UNWTOプレスリリースより

引用元:UNWTOプレスリリース

最も損失が大きいと見込まれたのはトルコです。トルコは、国際観光がGDPの約5%を占めており、2020年には国際観光が69%減少し、収入の減少は330億ドルになったということです。

2020年と同等の損失が見込まれるシナリオ1では、2021年のGDPの推定損失が約9%とされており、トルコにおける国際観光業の存在とそれによる打撃の大きさがうかがえます。

地域別に見ると、国際観光への影響が特に強かった地域は北東・南東・南アジア、オセアニア、北アフリカで、影響が少なかったのは北アメリカ、西ヨーロッパ、カリブ地方となりました。

途上国は観光回復が遅れ気味、理由はワクチン供給の不平等さか

UNWTOは、新型コロナワクチンの登場による観光の回復についても言及しています。

接種が進んでいる国は回復が進んでいるとのことですが、途上国を含む接種が進んでいない国は観光損失が悪化しているということです。

報告書によると、ワクチンの不公平な展開は、世界のGDP損失に関係するとされており、最大60%を占めるといいます。

UNWTOの事務局長は、こうした状況について、「観光は何百万人もの人々の生命線」と表したうえで、「観光の安全な再開を支援するために予防接種を進めることは、特に開発途上国において、雇用の回復と非常に必要な資源の生成にとって重要です。」と述べました。

ワクチン接種を進めて観光や経済活動を再開させる動きが各地で見られていますが、世界経済の回復のために、途上国へのワクチン供給も重視していく必要があると考えられるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
UNWTO:GLOBAL ECONOMY COULD LOSE OVER $4 TRILLION DUE TO COVID-19 IMPACT ON TOURISM

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!