JNTOが取り組む地域情報発信事業、記事や動画から分かる海外ユーザーの傾向は

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新規メルマガ会員募集中!今なら限定で【インバウン丼が売れるワケ】が分かる

オウンドメディア「Japan’s Local Treasures」のデータ分析

日本政府観光局JNTO)は、運営するグローバルサイト内の特設メディア「Japan’s Local Treasures」における取り組みや2021年度の実施状況、傾向などについて8月11日に公開しています。

Japan’s Local Treasures

Japan’s Local Treasures

2020年の応募は1,500件以上

JNTOでは、地域情報発信事業としてDMOや自治体から応募を募り、地域の情報を紹介しています。2020年度の募集件数400件程度に対し、応募総数は1,546件、うち記事は826件、動画720件でした。

2020年度はNatureやTraditionの記事が応募数も掲載数も多く、今年もこの傾向が続くと見られます。

メディアは英語のため、ユーザーは英国、米国、オランダなどが高い割合となっていますが、アジアでもフィリピン、インドなど英語を話す人口の多い国でも一定数のユーザーがいます。

データから分かるユーザーの傾向

また、9割近いユーザーがモバイルからの閲覧、特に2~3月はSNSからの流入が多く、広告効果によりTwitterからの割合が99%を超えています。

PV数の多い記事は、インパクトのある美しい画像が使われている傾向にあり、インデックスページやTwitterのサムネイルにある画像がクリック率を高めていると考えられます。

動画では、目を引くサムネイルだけでなく、サムネイルで内容が伝わるもの、テンポのよいものなどが視聴回数を伸ばしています。

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://action.jnto.go.jp/report/2897

訪日ラボオススメ記事

インバウンド市場の最新動向がわかるオススメの記事をご紹介します。

話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ


SNSで話題を集める「インバウン丼」。1食約7,000円と、驚くような価格の海鮮丼が飛ぶように売れているといいます。

なぜ、これだけ強気な価格でも売れるのでしょうか。

今知っておきたい「インバウンド」情報について、専門家が解説するコンテンツをお届けします。

→ 記事を見てみる:話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに