JNTOが取り組む地域情報発信事業、記事や動画から分かる海外ユーザーの傾向は

オウンドメディア「Japan’s Local Treasures」のデータ分析

日本政府観光局(JNTO)は、運営するグローバルサイト内の特設メディア「Japan’s Local Treasures」における取り組みや2021年度の実施状況、傾向などについて8月11日に公開しています。

Japan’s Local Treasures

Japan’s Local Treasures

2020年の応募は1,500件以上

JNTOでは、地域情報発信事業としてDMOや自治体から応募を募り、地域の情報を紹介しています。2020年度の募集件数400件程度に対し、応募総数は1,546件、うち記事は826件、動画720件でした。

2020年度はNatureやTraditionの記事が応募数も掲載数も多く、今年もこの傾向が続くと見られます。

メディアは英語のため、ユーザーは英国、米国、オランダなどが高い割合となっていますが、アジアでもフィリピン、インドなど英語を話す人口の多い国でも一定数のユーザーがいます。

データから分かるユーザーの傾向

また、9割近いユーザーがモバイルからの閲覧、特に2~3月はSNSからの流入が多く、広告効果によりTwitterからの割合が99%を超えています。

PV数の多い記事は、インパクトのある美しい画像が使われている傾向にあり、インデックスページやTwitterのサムネイルにある画像がクリック率を高めていると考えられます。

動画では、目を引くサムネイルだけでなく、サムネイルで内容が伝わるもの、テンポのよいものなどが視聴回数を伸ばしています。

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://action.jnto.go.jp/report/2897

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。