ドバイ万博、入場に接種証明か陰性証明の提示を義務化

ドバイでは、2021年10月1日から2022年3月31日にかけて、2020年ドバイ国際博覧会ドバイ万博)が開催されます。

9月15日、ドバイ万博を主催するドバイ万博公社は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、来場者にワクチン接種証明、または来場前72時間以内のPCR検査陰性証明の提示を求めることを発表しました。

ドバイ万博、入場にワクチン接種証明またはPCR検査陰性証明の提示を義務化

18歳以上のドバイ万博来場者は、来場者の自国政府が認可する新型コロナウイルスワクチンの接種証明、または来場前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明の提示が必要となります。

ただしワクチンを接種しておらず、来場前72時間以内のPCR検査も受けていない場合、万博入場チケットを保有していれば、万博会場隣接のPCR検査施設で無料検査を受けることができます。

今後はドバイ市内のPCR検査施設も利用可能となり、施設の場所はドバイ万博の公式ウェブサイト上に掲載される予定となっています。

またドバイ市内の施設でも、1日パスか30日間入場可能なマルチデイパスを提示することで、PCR検査を無料で受けることができます。

なおドバイ万博では、今回発表された入場規制以外にも、全スタッフやボランティアのワクチン接種や屋外でのマスク着用、2メートルのソーシャルディスタンス確保なども義務付けられています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

ジェトロ:ドバイ万博、入場にワクチン接種証明かPCR検査陰性証明の提示を義務化

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!