インドネシア「レベル4地域」ゼロ 飲食店の夜間営業可能に

インドネシア政府は9月20日、全国で10月4日まで延長した新型コロナウイルス対策の活動制限(PPKM)に関する規定を公布しました。

もっとも感染リスクが高い「レベル4」の地域がゼロにとなったジャワ・バリ両島では、新たに飲食店の夜間営業を新たに認めるなど、制限緩和が進みました。

インドネシアでレベル4地域がゼロに、飲食店の夜間営業可能に

インドネシア政府は、9月20日付で、ジャワ・バリ両島のPPKMに関する内相指示「2021年第43号」と、ジャワ・バリ両島以外について定めた「21年第44号」の2本を公布しました。

首都ジャカルタは、すべての地域で「レベル3」が維持され、レベル3以下の地域では飲食店の夜間営業が午後6時~午前0時まで認められます。

レベル3地域では、収容人数は最大25%、1テーブルにつき2人とされ、レベル2地域での収容人数は最大50%となっています。

飲食時間はいずれも60分まで、客と従業員には政府公式アプリ「プドゥリリンドゥンギ」の使用が義務付けられます。

また新型コロナウイルス感染者の隔離用以外のホテルでは、入館可能な人の条件として、ワクチン接種が1回以上完了していることと規定しました。

定員は最大50%で会議室などの利用が可能となりましたが、食事の提供はビュッフェ形式は認められず、箱詰め式であれば提供が認められます。

レベル3の地域では、エッセンシャル以外の分野で、ワクチン接種済みの従業員に対して25%までの出社が認められ、プドゥリリンドゥンギを利用して職場への出入りの際にスクリーニングを行うことが義務付けられます。

またショッピングモールへの12歳未満の子どもの入場について、首都ジャカルタ特別州、西ジャワ州バンドン市、ジョクジャカルタ特別州ジョクジャカルタ市、東ジャワ州スラバヤ市で、保護者同伴を条件として認めます。

映画館への入場についても、対象者を従来のワクチン接種が2回終了した人のみから、1回以上接種した人に拡大しました。

独立店舗の屋内飲食店は、これまでは一部地域でのみ営業再開を認めていましたが、すべての地域で午後9時まで営業を認めます。

ジャワ・バリ両島外では、レベル3地域でのモールの営業時間について、これまでの午前10時~午後8時までから1時間延長して、午後9時までとしました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

NNA ASIA:レベル4地域ゼロ、飲食店の夜間営業可能に

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!