「ワクチン・検査パッケージ」実証実験開始、観光庁 11旅行会社・38ツアーを選定

観光庁はワクチン・検査パッケージの活用を進める実証実験を行うと発表しました。

実験対象として、エイチ・アイ・エスや日本旅行など、11の旅行会社から38ツアーを選定しています。

観光庁「ワクチン・検査パッケージ」実証実験開始

観光庁は10月5日、「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験を開始すると発表しました。

ワクチン・検査パッケージとは、新型コロナウイルスワクチン接種や、PCR検査の完了が確認できた人に対して、新型コロナウイルスの感染対策における行動制限を緩和するシステムのことです。

今回行われるのは、観光分野における実証実験で、従来の感染防止対策を継続しながら、ワクチン接種歴の確認や検査の手順を検証することが目的とされています。

実験にあたり、対象となる旅行客の同意を得たうえで、ツアー初日にワクチン接種証明書またはPCR検査の陰性証明を確認し、旅行後2週間以内にツアー客が新型コロナウイルスに感染していないか検証します。

国内旅行会社11社から38ツアーを選定

観光庁では、この実験のため国内旅行会社11社から38ツアーを選定しました。

対象となる旅行会社は、エイチ・アイ・エス、ANA X、クラブツーリズム、JTメディアリテーリング、ジャルパック、T-LIFEホールディングス、東武トップツアーズ、日本旅行、阪急交通社、読売旅行、ワールド航空サービスです。

対象のツアー期間は、10月中旬から11月上旬までとなっています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!