屋内位置情報の市場規模が大きく拡大 2026年には197億米ドル到達も予測

株式会社グローバルインフォメーション調べにより、屋内位置情報の市場規模が大きく拡大していることが発表されました。
2026年に197億米ドル到達の予測が指摘されています。

屋内位置情報の市場規模が大きく拡大中

屋内位置情報の市場規模は2021年の70億米ドルから大きく上昇して2026年頃に197億米ドルにまで昇ると予測されています。
スマートフォンなどのデバイスを利用したアプリケーションの普及、屋内環境におけるGPS技術の非効率性などさまざまな要因が関係しているとされています。
新型コロナウイルス感染症による影響下であっても、企業は屋内位置情報ソリューションやハードウェアを用いて、施設の管理や人やウイルスの追跡を行っています。
インドアデータ企業である「Inpixon」は、医療機関などの組織に対して、位置情報技術を使ったアプリケーションやサービスを、追加費用なし、あるいは割引価格で提供しています。
これから先の検疫などの拡大措置が解除されると、感染者の公共の場への立ち入りが増加し、再検疫によってさらなる感染のリスクを高めることになります。そのため、ウイルスの拡散防止を目的とした、スマート検疫ソリューションの導入拡大が予測されます。

デバイスの普及による需要の増加

スマートフォンの普及率の高まりにより、モバイルでの消費者利用が増えたことで、新興既存問わずさまざまな企業により屋内位置情報アプリケーションが提供されています。

小売業者はあらゆる場所への適切なナビゲーションを提供できるようになり、屋内スペースにいる顧客との関連性を向上させ、売上を増やす契機になります。

一定の範囲内での人の位置を特定する機能も、BLEやWi-Fiの普及により円滑になっています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

PR TIMES:屋内位置情報の市場規模、2026年に197億米ドル到達予測

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!