米、追加接種「受けるべき」 オミクロン株拡大懸念

南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異株である「オミクロン株」の感染が様々な国で確認されています。

そんな中、米国疾病管理予防センター(CDC)はコロナウイルスワクチンの追加摂取を強く推奨しています。

ワクチン追加接種は成人全員が「受けるべき」

CDCは29日、コロナウイルスワクチンの追加接種に関する方針を発表しました。

これまではファイザー・モデルナのワクチンについて、2度目の接種から6ヶ月以上が経った50歳以上、または18歳以上で介護をしている人は追加接種を打つことができるとしていましたが、今回の声明により18歳以上のすべての人が追加接種を受けるべきだと呼びかけました。

CDCディレクターのロシェル・ワレンスキー博士は「オミクロン変異体の出現は、COVID-19から身を守るために必要なワクチンのブースター接種、予防活動の重要性がさらに強調された」と発言、さらに「南アフリカの初期のデータはオミクロン株の感染力が強い可能性を示している。米国および世界中の科学者はこの変異体に関連するワクチンの有効性を調査している」としています。

ワクチン追加接種の声明に付け加え、マスクの着用、屋内の換気、ソーシャルディスタンスなど、今までの感染対策の継続についても呼びかけました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!