オミクロン株、沖縄でクラスター発生か 初の感染確認

17日、沖縄本島北・中部在住の数人への新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が初めて確認されました。

沖縄の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンで働く日本人男性とのことです。

沖縄でオミクロン初確認 米軍基地でクラスター発生か

沖縄のアメリカ軍キャンプ・ハンセンで働く日本人男性数人がオミクロン株に感染。沖縄でのオミクロン株感染は初めて確認されました。

沖縄県によると、男性へのコロナ感染は今月の15日。ゲノム解析でオミクロン株への感染が明らかになりました。

感染経路はまだ明らかになっていませんが、17日までに100人規模アメリカ軍兵士のコロナ感染が明らかになっており、クラスター(感染者集団)が発生したとみられています。

米軍はオミクロン株の検査をしておらず、米軍基地内でオミクロン株の感染が広がっている疑いがあります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!