スペイン観光局、30年までに日本人渡航者100万人目標に

スペイン政府観光局は12月16日、旅行業関係者を対象に懇親会を開催しました。対面でのイベントはおよそ2年ぶりです。

観光局長でスペイン大使館観光参事官のハイメ・アレハンドレ氏が観光業の現在の状況とスペインから日本市場へ向けた今後の施策を発表しました。

日本市場へのアプローチを発表

スペイン政府観光局は12月16日、都内で旅行業関係者を対象に年末懇親会を実施しました。

同局局長のハイメ・アレハンドレ氏はスペインから日本市場へ向けた今後の施策を発表しました。日本旅行客の渡航先の歴史遺産や文化芸術、食文化などへの関心が高いことに触れ、2030年には100万人を目指すと述べました。日本人観光客は2019年に68万6,000人を記録しています。

マドリードやバルセロナなどの定番の観光先はもちろん、周辺の地方都市や語学留学、MICEなどの観光素材もPRしていく考えです。

スペインは2021年の夏以降旅行者が回復してきており、8月の航空座席数は2019年の約52%まで回復しました。

2022年は旅行会社を対象としたファムトリップを計画しています。また体験型デスティネーションとしてカナリア諸島のプロモーションも行っていく方針です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!