新千歳空港、2021年の旅客は11%減 コロナ前の3分の1の水準に

北海道エアポートは1月21日、新千歳空港の航空概況を発表しました。

年間旅客数は前年の11%減となり、2年連続で1千万人を割り込みました。

新千歳空港、21年の旅客が11%減 2年連続で1千万人割れ

北海道エアポートが1月21日に発表した新千歳空港の航空概況によると、2021年の年間旅客数は前年比11.4減の823万4,159人となりました。

これはコロナ禍以前の2019年の2,459万4,904人と比較すると3分の1の水準となっています。

国内線の旅客数は5.0%減で、特に政府の緊急事態宣言の影響などで2月は最も少なく、75.2%減の36万1,461人にまで落ち込みました。

路線別では羽田が6.6%減の393万9,495人、羽田が0.6%増の79万8,340人で、国内線と国際線を合わせた貨物取扱量は、0.8%減の12万969トンでした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年3月から国際定期旅客便の発着がなく、国際線の年間旅客数は1988年の開港以来初のゼロとなりました。

年間旅客数が1千万人を割るのは2年連続で、過去最低だった2020年をも下回りました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!