海外企業の先行事例を「1社10秒で」調査 事業アイディアの具現化をサポート「説ログ」

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新規事業の開発を進めたい、または新しく会社を設立したいと思っていても事業アイデアの実行・具現化には大変な労力を要します。

日本国内におけるインバウンド市場・観光関連の市場も例外ではなく、ウィズコロナのフェーズにおけるビジネスモデルの創出に苦慮している企業、担当者の方は多いのではないのでしょうか。

優れた事業アイデアを創出する上で、過去のスタートアップにおける成功事例を収集・研究することは必要不可欠であるものの、それには膨大な工数がかかりかねません。

株式会社ビタリー(以下、ビタリー)が提供する「説ログ」は、世の中の優れたサービス・プロダクトの裏にある「仮説」を独自のフレームワークでまとめ、新規事業のアイディア創出を強力に支援しています。

説ログの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

説ログの詳細はこちら

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

新規事業開発における「説」

新規事業の開発に必要な能力として、新規事業がビジネスとして成功するか否かを判断するためには仮説の検証が不可欠です。

ビタリーではスタートアップに不可欠なゼロイチ人材は、「そもそも、検証に値する(価値のある)仮説か」「どれだけ効率的に白黒の決着をつけるか」など、仮説に対し効率的に白黒の判断を付けることをミッションとしています。

▲ゼロイチ人材のミッション:株式会社ビタリー
▲ゼロイチ人材のミッション:株式会社ビタリー

そのため、新たな事業アイデアがビジネスとして普及・失敗しようが、白黒の判断がはっきりつくことが評価のポイントとなるためいずれも仮説検証としては成功となります。

検証すべき仮説が見つからなかったり、低価値の仮説を選定してしまう、または仮説の検証が進まず白黒の判断がつかないことがビジネスとして失敗といえます。

事業仮説のフレームワーク

新規事業開発にはその質を高めるためにも、たたき台となる新規アイデアをたくさん出すこと(アウトプット)や、優れた新規事業アイデアの効率的なインプットが非常に大切です。

ビタリーの調査によれば、新規事業に関する99%のアイデアは下記フレームワークで説明可能です。

事業仮説の一文フレームワーク:株式会社ビタリー
▲事業仮説の一文フレームワーク:株式会社ビタリー

「〜は、〜よりも、〜する方が、〜性が高い説」というフレームワークに当てはめることで、新規事業アイデア(仮説)は簡潔に表現できます。

また、急速に成長する企業が提供する、世に普及しているプロダクト・サービスの背景には強力な「説」を保持しています。

以下、AmazonやNetflix、Uber Eatsの背景にある「仮説」です。

背景にある仮設:株式会社ビタリー
▲背景にある仮説:株式会社ビタリー

日本最大級の説アプリ「説ログ」とは

株式会社ビタリーが提供する「説ログ」とは、先述した説に関するフレームワークを用い事業の先行事例を一文で解説する情報サイトです。

説ログ:株式会社ビタリー
▲説ログ:株式会社ビタリー

株式会社ビタリー共同創業者の片倉氏によれば、新規事業アイデアの発想方法に以下の3点を挙げています。

  1. 海外で既に成果を上げているベンチャー企業のビジネスアイデアをインプットし、面白いものを直感的に選定する
  2. 日本で類似のことができないか?同じ概念を他のテーマに応用できないか?自社のリソースを使って、もっと効率的に実現できないか?という問いを自分に与える
  3. 新しい新規事業アイデアとして出力する

説ログを用い事業の説(先行事例)をインプットしたのちは、「自社のリソースを活用し類似のサービスはできないか」「同様の内容でほかの分野に応用できないか」などアウトプットのフェーズに移行します。

発想に自信のない方でも説ログを活用することで、新規事業のアイデアをインプットし続けることで優良なアイデアの構想が期待できます。

無料会員登録で利用可能のほか、多数の優れた事業アイデアを閲覧することができ、2022年8月時点で5,100件以上の事業アイデアが掲載されています。

成功事例の研究を「10倍速」で

「説ログ」では成功事例が独自のフレームワークが端的にまとめられており、新規事業開発における調査・研究におけるインプットを高速かつ大量に行うことが可能です。

コロナ後の世界を見据え、新たな事業アイデアの構想をお考えの方は説ログの活用で、成功した先行事例を客観的に評価・参照しブラッシュアップすることで、今後の事業アイデアの実行・具現化に役立ててみてはいかがでしょうか。

説ログの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

説ログの詳細はこちら

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに